じゃがいも博物館 byライト教授(その5)

ライト教授からの新作のお知らせだ。

今回のものは情報がぎっしり詰まっている。
まず1枚目。

中央のでかいのは、このあいだライト教授宅で目にした170ミリ自走砲。
箱絵どおりの光と影の迷彩が見事だ。
例のドライブラシが効いている。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

左奥の2輌はパンサー。
右に目を転じると、Ⅲ号戦車と、ヘッツァーに似た極端に背の低い自走砲。
Ⅲ号戦車の手前にあるのは、AB43のシリーズか。

一番手前にあるのは、サスペンションからするとⅡ号系列のようだが、転輪が大きすぎる。
ぶっとい砲身を載せたこの形は見たことがない。
全面に防盾があるところを見ると、砲塔がないこの形が完成形なのか。

2枚目は170ミリ砲にグッと寄っている。 その後ろから現れたのは3号突撃砲。
これにはすでに骸骨人間が乗っている。

はいはい、一番手前のものにも触れないとね(-_^) これは宇宙カブトか宇宙クワガタと呼べばいいんでしょうか?
これで、どのようなディオラマストーリーができるのか皆目見当がつきません(^_^;)

 KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

最後は、隠れていた右側の作品が出てきた。
まず、シュトゥームタイガー、ヴェスペ。
その手前が何とかトラクター系列?が2台。
荷台に載ったロケットは何なの?

最後に、一番奥に見える3台は、グライフ系列か。

全体としてみると、170ミリ砲とパンサーの塗装が印象深い。これまでのライト教授の塗装とは趣が異なる感じだ。 写真で見ると半つやでトーンを統一しているように見えるが、答えは実物を見てのお楽しみ)^o^(

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

じゃがいも博物館 byライト教授(その5)” への2件のコメント

  1. 楽しんでいただきまし:woohoo: :woohoo: :woohoo: たのしんで見てもらえたみたいですね~~~ 😛 😛 なにしろ組み立ててから期間が開いてしまうので デカールはみんな見当たらなくなり 塗装説明書も あやふや :whistle: :whistle: いきおい自由な塗装とマーキングになります。。。。 いいことなのか 悪いことなのか :s :s :s
    • re: 楽しんでいただき[quote=ライト教授]いきおい自由な塗装とマーキングになります。。。。 いいことなのか 悪いことなのか :s :s :s[/quote] 在庫も少なく、一個一個じっくり作る人だったら、あれこれ考えて綿密に時代考証して作るのでしょうが、我々みたいにとにかく世に出てるキットはひととおり作らないと気が済まない人種にとっては、細かいところを気にしてたらいつまでたっても完成しません :unsure: 別に人のために作っているのではなく、あくまでも自分が楽しむために作っているので、[color=purple][size=large][b]それでいいのだ[/b][/size][/color] :woohoo:

コメントを残す