屠龍(とりゅう) 【ハセガワ1/48】~その1

ハセガワ No.9781 1/48 「川崎 キ45改 二式複座戦闘機 屠龍(とりゅう) 甲型」である。

今年5月のホビーショー出展用に買った、いすゞ給油車のオマケとして入っていたものだ(正確には、屠龍のオマケが給油車なのだが(^_^;)

しばらく前から、ローガン梅本さんの「ムラムラの筆塗り、コクピット内は大幅省略塗装」の話を聞いて、そのうち飛行機を作ってみようと思っていたもので、ようやく手を着けることができた。

飛行機を作るのは何年ぶりだろう。
これまでコクピットまで組み立てたところで塗装待ちの状態のまま、胴体を貼り合わせることのないままほったらかしとなったものが何機あることか(^。^;)

早速、パーツを取り出し並べてみる。
さすが1/48スケールだけあって、部品数は多い。

実機については全然知らなかったので、ちょっとインターネットで調べてみたが、戦闘/爆撃/偵察等何役もこなせる効率的な「万能戦闘機」と呼ばれていたらしい。

取り敢えず今日のところは、エンジン、コクピットの途中までだが、1/48の爆撃機なので、かなり大きくなるなあと思っていたが、それほどでもない。

 

 

 

 

 

 

屠龍(とりゅう) 【ハセガワ1/48】~その1” への4件のコメント

    • re: 飛行機渋いと言われたので、メジャーなのも買ってしまいました 😀 期待されてないので、作るか(完成するか)どうかわかりません :woohoo: 人に言われたから作る、とかやってると、どうしても窮屈になって楽しく作れなくなってしまうので、自然体でいきます 😛 あくまでも自然にね 😉 まあ、最終的に、来年の静岡までには、「何か」は完成させますが :kiss:
    • re: 飛行機渋いと言われたので、メジャーなのも買ってしまいました 😀 期待されてないので、作るか(完成するか)どうかわかりません :woohoo: 人に言われたから作る、とかやってると、どうしても窮屈になって楽しく作れなくなってしまうので、自然体でいきます 😛 あくまでも自然にね 😉 まあ、最終的に、来年の静岡までには、「何か」は完成させますが :kiss:

コメントを残す