見ながら作ろうケッテンクラート その4

席に戻って、取り付け漏れのない部品がないかチェックする。
2010_03_27_ketten-modeling 094
2010_03_27_ketten-modeling 095

さあ、いよいよ塗装だ。

基本塗装はタミヤアクリル。
そのあと、ホルベインの油絵具デュオをペトロールで溶いて重ね塗り。
金属部分などは、タミヤエナメルをペトロールで溶いて・・・。

まずは、パープルで大胆に下塗り。
ムラは気にしない。

2010_03_27_ketten-modeling 098

 

2010_03_27_ketten-modeling 103

 

2010_03_27_ketten-modeling 108

その上から、同じようにピンクでムラ塗りだ(^_^)

ここで、いったん乾かすために休憩。

実物では、ちょうど軍服姿のドライバーが運転席に乗り込んでの撮影タイムだった。
2010_03_27_ketten-modeling 104
ご覧のように、ドアというものがなく、キャタピラ上部に足を載せて、思い切りぐいっと上から乗り込むのだそうだ。
2010_03_27_ketten-modeling 105
高木あずささんの写真の後、takatoraも実物に乗せてもらった(^o^)
(写真を撮ってもらうのを忘れた(^-^;)
2010_03_27_ketten-modeling 110
2010_03_27_ketten-modeling 112
ここまできたところで、急に空腹を覚えたので、売店で買ってきたのがこれ。
2010_03_27_ketten-modeling 116
静岡流の肉まんで、中に“おでん”が入っている。
味は、まずますといったところ。
2010_03_27_ketten-modeling 117

見ながら作ろうケッテンクラート その4” への2件のコメント

  1. びっくりしましたどもです。 いや~、楽しいイベントでしたね~ 😀 takatoraさんが塗り始めた時、色のチョイスに驚きましたよ :woohoo: てっきり箱絵風(絵師は大西さんでしたっけ?)に塗るのかと思い込んでました。
  2. re: びっくりしましたどうも、どうも、お世話になりました。 “宇宙一の最速男”の製作風景を目の前で見られて感激でした :woohoo: これからは、単なる“展示会”ではなく、“製作&展示会”の形式が広まると、もっと参加者が増えるのでは? なんて勝手に想像してしまいます 😛 塗装は、仰るとおり、色使いも含めて“メリハリのある”画風を狙ってたんですが、何となくこじんまりとなってしまいました。 次こそ、“大胆な”画風を目指したいと思います 😉

コメントを残す