二代目CX-5 12か月点検~CX-8試乗

二代目CX-5の12か月点検に行ってきた。

いつものように、スタッドレスからノーマルへのタイヤ入れ換えもついでに依頼。
ほかに、マツコネのバージョンアップも依頼。

2、3日前にアイドリング・ストップの点滅があったが、今日はその現象は発生していないと話したところ、橙色の点滅であればバッテリーの充電不足の可能性が高い、との説明。念のためにログのチェックはするとのこと。

待ち時間の間に、CX-8を試乗。

内装はCX-5とほぼ変わらず。
シフトレバーのフロアが少し高くなっていた。

ほかには、コンソールボックスが少し前に出て、ハンドルを握ったときの左肘がぎりぎり載るようになった。
(CX-5は、若干長さが足りなかった。)

アクセルのつきは(CX-5ディーゼルと比べて)良くなった。
ガソリン車と遜色のないくらい、踏んだときのスタートダッシュはいい。
CX-5ディーゼルは、このスタートダッシュのときのもたつきが気になったが、今回のCX-8ディーゼルはそれがなくなり、そのままさらに踏み込むと40㎏オーバーの爆発的力で加速していく。

噂の三列目シートに乗り込んでみる。

二列目シートを前に倒して乗り込むときのスペースは、2ドア車の後部座席に乗り込むときのスペースと同じぐらい。
が、高さが結構ある。

これでは年寄り、子供は、まず乗せられないと感じた。

どっこいしょ、と三列目に乗り込んでみると・・・

頭上の高さ、二列目シート背面までの空間については問題なし。
が、足元の床面がぐっとせり上がっている。

足を伸ばせないというのは、長距離はやはり苦しいだろう。

 

試乗を終えて、一応、見積もりは作ってもらったが・・・。

ガソリン・ターボを期待しているとの話をしたところ、燃費がどうしても悪くなるため日本での発売はしないと聞いている、との答え。

いつまで待ってもガソリン車が出ないならばディーゼルで・・・、ともなかなか考えられず。

一点、これはいいと思えたのが、360°ビュー。
上からの視点のほか、フロント・サイドのカメラが大活躍する仕組みになっていて、これは使えそう。

と考えているうちに、点検終了。

アイドリング・ストップについては、ログを調べた結果、アクセルを踏み込む力を監視するセンサーが働いてなかった、とのこと。
この影響で即、重大なことにつながることはないということで、しばらく様子を見て、再発したときは保障範囲での部品交換を行うことで点検終了となった。

 

走行距離 4,219㎞
バッテリー 12.52V
エンジンオイル、オイルフィルタ 交換
ワイパーラバー(フロント左右) 交換

10か月ぶりのバイク

10か月ぶりのバイクだった・・・。

ようやく乗る気になり、気温も30度を下回るだろうとの天気予報。
曇り空で日差しも強くないだろう・・・。

1.8km/77,790km
12.24v

 

と思って乗り出したら、渋滞に嵌まって、さらに雲間が晴れて日が差して来た・・・。

ヘロヘロになって帰って来た。
体力が落ちているせいか、停車中にふらっと来ることが何度かあった。
もう少し体力をつけなければ。

 

キックは2回かけたが、2回ともかかった。
1回目は2発目、2回目は10発くらいで。

走る前は、キックキットから伸びているクラッチケーブルの辺りからオイルが滴っていた。
帰って来てしばらくしてからみると、左側のクランクケース辺りからに変わっていた。

124.4km/77,910km
12.95v

二代目CX-5 納車

今日は二代目CX-5の納車日。

天気は・・・。

土砂降り(;´д`)

ディーラーから延期の連絡が来るかと待っていたが、なかなか来ない。

明日の日曜日に延期すると、ほとんど走れない。
雨の日の納車は、車体の傷などの確認ができないので、あまりやりたくはないのだが、週末を有効に使うためにこのまま決行するため用意を始めた。

と、玄関へ向かおうとしたら、ディーラーから電話が来た。

「雨なので、明日の日曜日に延期しますか?」
(今さら、遅い・・・)
「今から出るところなので、今日、納車とさせてください。」

 

初代CX-5車に乗り込んでスタートしてしばらくして、何かピーと音がした。

何だ、何だ、これから車を入れ換えるというときに・・・。
車を停めて、音のした方向に目を向けると、ドライブレコーダーがおかしくなっているようだった。
ドラレコのメモリーカードを抜くと、音は治まった。
(ひょっとして、メモリーカードのエラーか?)

どうせドラレコのメモリーカードはディーラーに着いたら抜くことになっていたので、このまま持ち帰ることにした。
(後で、自宅パソコンでメモリーカードをチェックしたところ、やはりその時刻で記録が途切れていた。)

ディーラーに着いて、初代から私物を取り出し、キーをディーラーへ引き渡す。
そして二代目の納車の手続き。

使い勝手はほとんど変わらないので、初代のときに比べると、だいぶ省略して終了。

雨足は全然弱まらないので、新車の内装にかけられているビニールもそのままに自宅へ向けて走り出す。

自宅駐車場に到着後、内装のビニールを剥がして、マニュアルを抱えてそそくさと家の中へ。

土砂降りの納車は・・・。

今回限りとしよう(^-^;

平成27年 走り納め

今年は、ついぞどこにもツーリングに出掛けずに終わってしまった・・・
12.75v  55.6/77492km

今日は12月最後の日曜日、ということは平成27年最後の日曜日だ。
今日こそはディーラーに行って、来年のカレンダーを貰って来なければ・・・。

天気は快晴だが、気温は低い。
電熱服、電熱グローブの万全の装備で乗り出す。

外環道に乗ったとき、強風注意の掲示が目に入った。
嫌な予感がした。

予感は的中し、しばしばタイヤの底が風でさらわれる。
ググッと持ち上げられる感じだ(^-^;

カーブでリヤタイヤが滑った!
いや、滑ったのではなく、ぐにゅーっとたわんだ感じだ。

たびたびのハンドルのぶれは風じゃない、タイヤから来ている。
パンクか?

念のために路側帯へバイクを寄せ、手でタイヤの空気圧をチェック。
抜けてはいるがパンクはしていない。

気を取り直して風の恐怖と戦いながら、やっとディーラーへ到着。
真っ先にエアーを入れてもらう。

「フロント、ほとんど入ってませんよ」とメカニック。
思わずぞっとした(^_^;)

空気が抜けているとカーブ(交差点)が怖い、と改めて認識した日だった・・・
12.87v  170.5/77607km

バイクでその辺をちょっと・・・

やっとバイクに乗れる気候になってきたので、その辺をぐるっと回ってきた。

いつもなら、久しぶりのバイクに乗ると、それまでの憂鬱な気分など吹き飛んでしまうのだが、今日は違った。

やはり、まだ風が治りきってないせいか・・・。
帰って来て車庫に入れるときに、妙に身体が重い。

それとも・・・。

ひょっとすると、身体がバイクを受け付けなくなってしまったとか・・・(^_^;

車だけではなく、バイクもたまには可愛がってあげないと(^。^;)

CX-5 エマージェンシー・シグナル・システム(ESS)のリコール

CX-5でリコールがあったようだ。

内容は、急ブレーキをかけると自動的にハザードランプが点滅することになっているのだが、その点滅スピードが異常に速いらしい。

ということで、フロント・ボディー・コントロール・モジュール(F-BCM)のプログラムを書き換える対策を行うという。

昨日、封書と担当セールスからの電話があったので、本日ディーラーへ行ってきた。
作業は1時間ほどで終了。

ついでに、フロントのコーナーセンサーが働いているかチェックしてもらった。
駐車場から車を出すとき、いつも向かい側の車の鼻先にぶつからないかとヒヤヒヤなのだが、未だかつてピピーッと鳴ったことがないのだ。

人が車の前を横切ったときには音が鳴るので、フロントのセンサーはきちんと機能しているのは確認できている。

 

結果は、「異状なし」とのこと。

かんじているより感覚的に余裕があるということ。
が、こういうものは、過信して近寄りすぎるとゴツンといくケースが多いので、あまりセンサーに頼らずに慎重に・・・、というアドバイスだった(^-^;

 

マツコネは・・・。
たまにUSBメモリが認識されないとか、たまにmp3の音楽フォルダのアルバム、アーティスト・・・、などの分類が認識されないとか、ランダム再生がエンジンを停めるごとに設定解除になってしまうとか・・・。

聞くのを忘れてしまった。
まっ、そのうち・・・(^_^;

たかとら2号 買い替え大作戦 その3

今日はプジョーの試乗日。

先日の「愛車遍歴」で見たのは2008。
仕様を調べてみると、馬力が小さく、車格もRVRよりひと回り小さくなるようだ。

高さも1,600㎜を切るようで、目線の高さを確保するためにも車高1,600㎜は譲れないところ(できればRVR並みの1,700㎜がベター)。

2008よりもう少し大きいのはないか、と探していたら見つけたのが3008だった。

 

さあ、店に到着すると、3008の展示車があった。

早速、外観チェック。
高さ的には

 

残念ながら4WDティグアンではなくFFの試乗車だったが、運転席に座ったとき、ハンドルと