平成22年 職ェホビーショー その13

平成22年5月16日(土) 朝

 

0645 起床

昨夜は咳き込んで、あまりよく眠れなか・ス。

相変わもy喉も腫れており、調子はよくない。

 

0715 朝食 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/013/01{/gallery}

0815 ホテル発

K瀬さんとヨッヘンさんが、ここにきて初めて挨拶をしていた。

 

K瀬さんが、しきりにドイツのkdfz253装甲車などのことを聞いていたが、なかなか要領の良い答えは得られてなか・スようだ。

 

S山さんの話によれば、ドイツ生まれの彼らにと・トは、自国のドイツ車両については子供のときに知り尽くしてしまい、それ以後は他国の車両に興味が移・トいくのだという。

現在は、ロシアの車両について、いろいろ研究しているとのこと。

 

さあ、今後、タンコグラッドの貴重な写真集を基に、“ディオラマの巨匠”がどんな作品を展開してくれるか楽しみである

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/013/02{/gallery}

昨夜の宴会には参隠オなか・スが、旧ナッツのメンバーを紹解トおこう。

 

続いて、中国に拠点を移したため、顔を会わせたのは5年、6年振りだろうか。

ひやめしのK瀧さん(別名:猛獣使い)。なぜか、K子師匠がすりすりと

 

そして、浪曲師のしかめ7ハで写真に写・スのは、Kのーさん。

そろそろ、タイヤものへの復帰を期待しています。

 

最後に、ライト教授とカメラに収ま・スのはF尾さん。

エーデルワイスから夙川に拠点を移して久しいが、F尾レッドブラウンは健在だ 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/013/03{/gallery}

平成22年 職ェホビーショー その5

平成22年5月15日(土) 昼

 

引き続き、ホイール・ナッツ・ブースの続き。

 

今回、数が多か・スのが、タミヤのティリー。

 

まずは、富山サンダーバーズのNのさんの1/48。

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/005/01{/gallery}

これは仙波堂さん? 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/005/02{/gallery}

これは、つくりd・知もy。 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/005/03{/gallery}

こちらも、つくりd・知もy。 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/005/04{/gallery}

平成22年 職ェホビーショー その6

平成22年5月15日(土) 昼

 

ホイール・ナッツのブースの続き。

 

 

こちらのカチューシャも力作だが、つくりd・知もy・・・。

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/006/01{/gallery}

こちらの米軍トラックは、S中・嬢?

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/006/02{/gallery} 

この飛行機のエンジン(?)を積んだトラックも、海軍仕様のブルー(?)からすると、やはりS中・嬢か?

 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/006/03{/gallery} 

つくりd・知もyの米軍タンクローリー。 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/006/04{/gallery}

別な形のタンクローリー。 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/006/05{/gallery}

こちらは、塗装途中のトラック。 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/006/06{/gallery}

平成22年 職ェホビーショー その3

平成22年5月15日(土) 昼

 

続いて、M局長。

 

何かの戦車運鐀ヤに載せているのはクルセーダーか?

錆の赤と草の緑が鮮明だ。

なお、この草は本物の草だそうで、時折、水をかけてしおれないようにしていた

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/003/01{/gallery}

続いて、べつの運鐀ヤ(これは見たことがある? オシュコシュ?)にブルドーザーを載せて。

 

今回、M局長は、これらブルドーザーなど、精力的に新作を作・スようだ 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/003/02{/gallery}

作品カードによると、ホイールローダー。

何やらドーザーのようなものを装備していnラ、何の作業に使うものなのか? おcハろい形状だ。

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/003/03{/gallery}

こちらは、作品カードによると、AECマタドールのガントラクター(レジン製)。

 
汎用トラックか? 
ん? 大塚雀盾燗ッじものを作・トいた?

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/003/04{/gallery}

平成22年 職ェホビーショー その4

平成22年5月15日(土) 昼

 

こちらは、今年からナッツに唄・オた「ねこにいプロダクツ」のTみさん。

 

ホイール・ナッツでは最高ランクの評価を受ける、「トラクター&トレーラー」に得意のラジコンを仕込んで登場だ 

お題は、アリイ1/48「フランスのベルリエT-12+A.M.X30」。

 

ん? 何やらM局長と話し込んでる?

「まだ、製作途中で・・・」

「塗装がね・・・」

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/004/01{/gallery}

ということで、次の日には、汚し塗装が施されていた・・・。

 

これでM局長も満足?! 

(ピンぼけしているのは、ラジコンで動き出そうとしているから? ではありません

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/004/02{/gallery}

こちらは、踀ヘ飛行機モデラーだ・スことをカミングアウトしてしま・ス、徳島モデラーズのY本さん。

 

徹底した削り込みによる銃創痕と錆の表現が凄い。

タミヤの新製品“コマツのブルドーザー”も添えて・・・。

 

あれ・Aこれ・トタイヤものじゃない?!

 

なんてこと、本人はどこ吹く風で、モデルアートの「日本機大図鑑の手描きイラスト」ライターのS藤さんと、大塚雀盾フブルドーザー(フィギュア、サイン付き)を貰・ス、貰・スと大喜び

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/004/03{/gallery}

平成22年 職ェホビーショー その8

平成22年5月15日(土) 昼

 

そのほかの、ナッツの関係者を紹解謔、。

 

まずは、今回、久しぶりの泊まりの許可が出ながら、夜の部(串焼き屋)には参隠ナきなか・スのが残念なのが、Y田さん。 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/008/01{/gallery}

左写真は、ティリーで参隠フS波堂さん。

 

中、右写真は、フリーマーケットの方でご苦労さんだ・ス、O崎さんとK形さん。

 

また、写真を撮ゆ゚ねてしま・スが、“のぼり”の見える「M.Sモデルス」ブースでは、S山さんとS吉さん、そして、S山さんのベルトリング友達のヨッヘン・ボラートさん(ドイツ出版社のタンコグラット代表)も参隠オていた 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/008/02{/gallery}

ところで、職ェでの楽しみと言・スら、クロンボである

 

1430 昼食

文藝春秋による各模型クラブごとの集合写真の撮影(S藤さんとtakatoraはぎゅ墲閭Zーフ。K瀬さんは間に合わなか・スもよう)も終わり、Y田さん、Y本さん、Y口さんと食事に向かう。 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/008/03{/gallery}

takatoraが注文したのは海老ピラフ。

ほかの面々は焼肉ピラフ。 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/008/04{/gallery}

そして、メインディッシュ(?)を選ぶ。

 

一時期、メニューが減・トいたが、今年はまた復活したようだ。

ラスクだとかレギュラーだとかいろいろなパターンがあるようだ。

 

アイス、ソースなどの組み合わせを選べる、“オーダーメイド”なるものも始ま・スらしい 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/008/05{/gallery}

そんな中で、Y田さんが選んだのが、左の抹茶ぜんざい。

真ん中が、takatoraのイチゴババロア。

そして、Y本さんとY口さんが選んだのが、右のコーヒーゼリーだ 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/008/06{/gallery}

平成22年 職ェホビーショー その9

平成22年5月15日(土) 夕方

 

17時半から、恒例のモデラーズクラブ合同の懇親会だ

が、ここで、ちょ・ニ問争・カ

 

展示場が17時で完全閉鎖されるのは毎年のことなのだが、今年はツインメッセ地下駐車場も同時刻に閉鎖だという。

 

え・Aそれでは毎年、懇親会に参隠オてから駐車場の車に乗・ト各ホテルに戻・トい・ス(当然、ドライバーはアルコールは飲まない)人間はどうすればいいの?

 

結局、takatoraとしては、車は一晩、ツインメッセに停めらキととし、以後の移動はタクシーにすらキととしたが・・・。

 

懇親会会費・駐車料金ともに無料なのはあvbたいが、変に行動に制谀ンけられるよりも、懇親会会費・駐車料金などの必要経費は、公平に踀・・収し、駐車場の場所取りに余計な神経を使うことのないような会場運営を期待したいものである。

 

懇親会会費についても、一時は千円/人の参欝・・収していたのが、いつの間にか模型組合の負担にな・トいるようだが、多くのクラブで二次会、三次会を踀{するのが通例とな・トいるのであれば、この合同懇親会は、渇きもの+お茶に谀閧オ、ワンコイン500円の参欝・・収するなど、いろいろやりようはあると考えられる。

 

そa竄焉A各クラブブースのコマ巣I無料というのも不思議である。

模型組合のサービスと言・トしまえc」キこえは良いが、では、コマの広さの割ゆ墲ト忌Tは? 新規参入の選定忌Tは?

 

も・ニ多くのモデラー、クラブが参隠ナきるように、より広い会場を用意する、とい・ス話もあ・スが、踀 サするとしても、それはだいぶ先の話。

これから、模型女子、学校、会社などの新たなカテゴリーでの展示会参隠燉想される中、きちんとしたルールのもとでの公平な選択が必要とされる。

 

幸い、我が模型業界は、メーカーとユーザー(モデラー)の距離が極めて近く、お互いの意思の疎通を図らキとにかけては、他に類がない。

他の業界での展示会への出展ルールなどを参考に、公平かつ開かれた模型業界及d┰のユーザーたるモデラーによる展示会にならキとを望みたい

 

 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/009/01{/gallery}

 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/009/02{/gallery}

 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/009/03{/gallery}

 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/009/04{/gallery}

 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/009/05{/gallery}

 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/009/06{/gallery}

平成22年 職ェホビーショー その10

平成22年5月15日(土) 夜

 

1900 ツインメッセからホテルへ

ツインメッセ地下駐車場に車を停めたため、今年はタクシーでホテルまで移動。

21時からの、恒例の串焼き屋「かさい」でのホイール・ナッツの二次会に備えて、一時間ほどベッドで横にな・スが・・・。

 

やはり、単なる寝不足ではなく、風邪がぶり返したようだ

(たぶん、熱も出ていたようだ。)

「かさい」で栄養をつけるため、ロビーに降りてい・ス。

 

2045 ホテルを出て「かさい」へ

さあ、これから出撃! という時間にな・ト、K瀬さんが別の宴会から戻・トきたが、すでにへべれけの状態。

しばrY休んでから激Hら参隠キるということで、取l|えず残る全員で先発すらキととした。 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/010/01{/gallery}

これが、「かさい」二階の貸切りの間。 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/010/02{/gallery}

スタートはこのメンバーで。

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/010/03{/gallery}

料理は、毎年お馴染みのメニューなのだが、今年は出てくるのが随分と早い気がした 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/010/04{/gallery}

平成22年 職ェホビーショー その11

平成22年5月15日(土) 夜

 

次々と出てくる料理。 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/011/01{/gallery}

○みさんが見入・トいるのは、ライト教授の“お食事日記”。 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/011/02{/gallery}

他の宴会場からはしごで駆けつけたのは、徳島モデラーズのY本さんと、ファインモールドのS私Bキ。

 

奇跡的に酔いが少し覚めた○瀬さんも登場し、“永遠のライバル(?)”のライト教授の隣に席を占めた。 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/011/03{/gallery}

さらに食い物メニューが続く。 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/011/04{/gallery}

平成22年 職ェホビーショー その1

平成22年5月15日(土) 朝~昼

 

いよいよ今日、明日と、職ェホビーショーだ。

 

※ 今回、キヤノンEOS7D+タムロン60㎜F2.0マクロ(一部、トキナー35㎜F2.8マクロ、トキナー10-17魚眼ズーム)で撮影を行・スが、風邪を引いていたせいもあり、構えが晦ュ、手振れにな・トしま・ス写真が多いことにはご容赦のほどをm(._.)m

 

0500 起床

体調は?

 

最悪。昨夜は咳き込んで、ほとんど眠れなか・ス。

しかし、熱はないようなので、行くこととする。

0550 自濁I

 

0630 ライト教授濁I

奥さんへの挨拶a竄アそこに、ライト教授の作品を積み込む。

 

「K子師匠の作品もあるからねー」

「え・AK子さんも一緒なんですか?(聞いてない・・・) 」

「作品だけ。本人はバイクですでに行・トいる」

「??? まあ、作品(大型アクリルケース2個)だけだ・スら載らないこともないし・・・」

 

ということで、パンツァーグラフのK子編集長、ライト教授、そしてtakatoraの作品を載せたtakatora号は、takatora風邪のウィルスを充満しつつ、一路職ェへ向かうのだ・ス

 

0645 給油

出光ゼアス
@130円×20.32?/ ? ㎞/ ? ㎞=2,642円、 ? ㎞/?

 

 ?  用賀ICから東名道へ

しばrYすると渋滞がはじま・スが、そこそこ流れてはいる。

 

 ?  足柄SAで休憩

アジフライ定食  660円

 

 ?  職ェICから一般道へ
 ?  円
先着しているK子さんと連絡を取・ト、ツインメッセの駐車場入口のところまで、作品を取りにきてもらうこととした。取l|えず、そこで作品を降ろし、車を駐車場(ポリテクセンター?)へ持・トいくのだ。

 

1030 職ェツインメッセ着
メッセに到着すると、すぐにK子さんを発見。

 

駐車場整理をしているガードマンに、

「作品鐀・キるだけだから、ちょ・ニ停車させて」

と声をかけると、

「地下の駐車場に停められらカど」

という。

 

え・A地下の駐車場にまだ停められるの?

今年から、地下の駐車場もクラブ出展者用として無料開放するとは聞いていたが、この時間ではと・ュに満杯にな・トいると思い込んでいたので、これはラッキーだ

 

下・ト行・トみると、常駐のガードマンaNもy、ゲートは開いたまま。今日のところはホビーショー関係者貸切りにな・トいるようだ。

 

全国各地から、自分の作品を梱包し、運んでくりrくのモデラーにと・ト、会場近くの駐車場の確保は憂慮する問題だ・ス。

 

有料でa曹「のだから、会場近く(メッセの地下・隣の駐車場であればベスト)の駐車場を優先的に割ゆ墲トらキとをtakatoraも主張してきたものだが、や・ニそれが踀 サした形だ。

これは大きな前進だ

 

 駐車場から会場へ向かう。

 

会場に入るドアを押し開けると・・・。

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/001/01{/gallery}

おおー・A凄い人だ

今日は晴天。こんな天気のいい日は、こういう屋内イベントよmッ外イベントへ流れるというのが職ェの常識だ・スのが、その常識を覆すほどの人、人、人の波!

 

土曜日の午前中だというのに、学校はどうな・トいるのか?

去年も多か・スが、今年はそれ以上のパワーを感じる。

これはいよい・・フ入場者数10万人超えか

 

会場案内図で、わが“ホイール・ナッツ”のブースを確認して、向かう。

 

いたいた、ライト教授がちょうど箱から作品を出しているところだ。

 

まずは、M局長の奥さんに一年ぶりの挨拶。

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/001/02{/gallery}

そして、2年ぶりに参隠キるライト教授の作品がこれ、現用米軍の装甲車。

イメージはレッドクリフということで、三国志の曹操、孔明の完成品フィギュアを配したとのこと。

 

 

お得意のドングリ人間(ジャガイモ人形)に代わ・ト骸骨を乗せたが、そこはホイール・ナッツのブースということで、頭を引・桙゚、控えめに・・・

 

ところが、世の人の関心はそんなところではなく、キカイダーの電子回路のごとく、ベースの目立つところに配された“基盤”に目がい・トしまう。

 

踀ヘこれ、廃品としてのドアホンに付いてきた“台贀hを利用したものなのだ

 

が、この回路に耳を近・ッると、何やら怪しげな会話が聞こえてくる、ということで、S山さんが一生懸命、耳を寄せていた・・・

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/001/03{/gallery}

そして、これが今年のtakatoraの作品。

左が、イタレリのダックとタミヤの2.5トンGMCトラック。

右が、ブロンコのスタッグハウンドとタミヤ(イタレリ)のスタッグハウンド。

 

先日のケッテンクラートのイベントで味をしめて、ホビーショーとしては初めてフィギュアを配してみた。

 

すべての作品が、パテ埋め・やすvbけなし、タミヤアクリル・タミヤエナメル・油彩を使・スオール筆塗りだ

一目で筆塗りと分かるような、筆目・刷毛目が残るような塗り方を狙・スのだが、塗り重ねていくうちに、筆目が州ヲてしまい、何となくこじんまりとまとま・トしま・スのが反省点だ。

来年こそ、油絵の印象派のような、も・ニ大胆な筆遣いを踀 サしたいものだ

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/001/04{/gallery}

こちらは、S山さんのマチルダと二号戦車のディオラマ。

相当、塗装に帰Bトいるようで、後でアップの写真を撮ろうと思・トいたら、撮り漏らしてしま・ス。うーむ、残念!

 

でも、後でMMMの最新号を見たら、この作品が出ていた

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/001/05{/gallery} 

こちらも、なぜか一枚しか写真が残・トなか・スY口さんのドラゴンワゴンのキャビン骨格状態モデル。

 

最近、TPCに顔を出さないなあと思・トいたら、こんなものを作・トいたとは・・・。

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/001/06{/gallery}