24か月点検~車検 その5

マフラーの検査不合格が確定した時点で、時計の針は14時45分を回・トいた・・・。

 

マフラー音量測定におよそ1時間半をかけて、挙げ句の果てに不合格。ユーザーとして一体どうすればいいのか、と検査官に詰め寄・スが、相手も「こういう結果が出てしま・ス以上、どうしようもない」と測定結果のプリントアウトしたものを示すばかり。

 

しかし、さすがに気の毒と思・スのか、最後に「グラウウールなど何か音量が下がるように詰め物をして16時までに持・トくれば、再検査は行う」とのこと。

 

ふと、ライコランドあたりで売・トいるインナーサイレンサーが頭をかすめたが、ボマーにぴ・スりはまるかどうかわからない。

取り急ぎディーラーに電話し、事の顛末を説明し、これからすぐに戻るので対応策を考えて欲しい旨を依頼し、車検場を出発。

 

1510 ディーラー着

毅「たことに、午前中はがらがらだ・ス店殿、客が結構来ている。

どのスタッフも客の対応でおおわらわの様子。何とタイミングが悪いことか

 

そんな中、や・ニY田工場長を捕まえて、何か方策はないかとすがりついたが、「グラスウールなどは熱ですぐ吹き飛んでしまう。インナーサイレンサーは、固定するのにはマフラーに孔を空けるなどの窺Hが必要で、この30分ほどではとてもできない。そa竄焜Cンナーサイレンサーに供するものなどないし・・・。」との答え。

O部長も寄・トきたが、同じ答え。

 

と、この時点で15時半近くにな・トいた・・・。

 

 

もはや、これまで・・・。

もう、だめだ・・・。

思わず天を仰いでいた

 

 

今日の車検合格の目は、これでなくな・ス。

次なる目標は、いかに車検を通すかということ。

 

サンダンスに持ち込んで、ボマーの音量を下げるように窺Hしてもらう方法はある(今年の4月にマフラーが割れて溶接してもら・スときに、そのような対応をしているという話は聞いていた)。

しかし、それで本当に車検が通るかは、結局、車検場に持ち込んでみないとわからない。

それに、今月は仕事が忙しく、さらなる有休が取れるかどうか難しい。

 

ここはボマーを諦めて、このディーラーに一切を任せるか・・・。

 

純正マフラーに付け替えて、ディーラーに代行車検を依頼すらキとにして、この日は代車のスクーターで家路に着いた。

 

それにしても、このあいだのパソコン作業&部屋の整理で痛めた腰を、今日のマフラー検査時のときの立・トいた姿勢が悪か・スせいか(というより、マフラー不合格の精神的ショックによるところが大きいと自己分析している)、またまた痛めてしま・ス。

 

さらに腰を悪くする出来事が続くとは、このときは思いcハていなか・スのだが・・・

24か月点検~車検 その3

今日は有休を取・ト、バイクのユーザー車検だ。

 

お昼前に代車のスクーターでディーラーに到着。

 

【24か月点検】

 

 

支払いを済ませ、車検場へ向かう。

 

1305 車検場到着

検査料、保険料などを支払い、書類に必要事項を記入してチェックを受ける。

 

今回は、いつもの継続検査ではなく、ハンドル高さ変更による構造変更検査だ。

これは、前回の車検時に“全高の数値が5センチほど低すぎる。次回は構造変更飼Kきするように”との指導を受けたためだ。

 

ハンドルを交換したのは何年も前で、その後の何回かの車検でハンドルの高さについて指摘されたことは一度もない。

最初の高さの測り方に問走bあ・スとしか考えようがない。

そa竄焉Aハンドルが高すぎて蠀S上問走bあるというのは判nラ、ハンドルがちょ・ニ低いからとい・ト何が問走bあるのか

規則とい・トしまえばそれまでだが、もう少し納得のいく内容にしてもらいたいものだ

 

 

 

 

1340 検査開始

まずは、バイク専用レーンにてブレーキ、ライト類の検査。

ハンドルロックのチェックなどという新しい検査項目もあ・ス。

盗難防止の機構が備わ・トいるかのチェックなのか。他にも・ニ対策すべきことがあると思うけど・・・

 

さあ、いよいよ今回の目玉である高さのチェックだ。

 

今回は構造変更検査なので、前回の車検時の数値との違いは関係ない。

単に車体を直立させ、高さを測るだけ。

 

一瞬困・スのは、車体に跨がq痘ァさせ、「はい、お尻を純Oて」と言われたとき。

純Oようにも、そa竄熬ワ遂撃ソで跨が・トいる状態で、それ以上純Oようがないのだけれど・・・

 

というのは、検査官aEぐ判・スらしく、「はい、いいですよ。次はマフラーの音量をチェックします」。

24か月点検~車検 その4

構造変更検査の最後の検査項目、マフラーの音量検査。

 

まさか、ここで最悪の事態に陥るとは・・・

 

たかとら号のワイドグライドにはタコメーターが付いていない。

このような車種の場合、スパークプラグ近くに聴診器のらうなものを装着し、そこからエンジンの回転速度を読み取りつつ、マフラーの音量を測定する。

 

ところが、この回転速度の読み取vb一定しないらしく、毎回のことだが測定に時間がかかるのだ。

 

今回も、例年のように時間がかか・トいる。

おまけにマイクの接続プラグを何回も抜き差ししたり、なかなか終わらない。

 

さらに別の高級そうな測定装置cォち出してきた。

聞いてみると、最初のが簡易測定で、これから本格測定を行うのだという。

 

何回も測定を繰り返し、そのうち他の検査員も出てきて、総勢5人掛かりの検査とな・トしま・ス。

 

そして、結果・・・。

 

上谀lの99dBを超えた102dBのため、不合格。

 

え・A前回まで、何ら指摘を受けたこともなく、なぜ今回に谀Bト・・・。

マフラーの終ケ機能が劣化して音量が増総ツているなんて、どうや・ト運行前点検すればよいのか。

そa竄焉Aこうや・ト平日に仕事を休んで(車検場は平日のみ開業)検査を受けさせ、そこで不合格にな・スらマフラーを交換し、再度、別の日に検査せざるを得ない車検制度は、ユーザーの立場が全然考慮されてないではないか。

これが国民目線の政治なのか、と検査官に説明を求めたが、彼らは、国交省の指示に従・ト業務を行・トいるだけとの回答。

 

ディーラーにおいて事前にチェックしたとしても、車検場の測定器・測定方法が厳格に統一されてないらしく、車検場で不合格になるケースがある(新車登録でもたまにあるらしい)事情なども承知しているようで、彼らも対応には苦慮しているようだ・ス。

TPC:平成22年8月例会 その1

今日は、恒例のTPCの8月例会。

 

☆ ペンタックス K-7

  +ペンタックス D FA MACRO 50mm F2.8

  +ペンタックス DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5 ED[IF]

 

ちょ・ニ遅れていつもの会場のある駅で降りたところ、I川さんからの留守番電話に気付く。

すぐ、電話してみると、「会場予約ミスで会場が変更にな・ス」とのこと。

 

急なことだ・スので、狭い部屋しか取れなか・スようだが、こういう日に谀Bト、結構な数の参丑メだ・ス・・・

 

 

TPC:平成22年5月例会 その1

定例のTPCの5月例会。

 

今日は、先日の職ェホビーショーの報告のほか、その前に行われた「新橋アフターファイブ交流会」の報告など盛り沢山。

いつもは作品を持・トいかないtakatoraも、珍しく出展作品を持・ト参隠セ!

 

スタートメンバーはI川さんとHさんの二人。

Hさんはホビーショーに参隠オていたが、今年はあまり新作がなか・スということで、今日は作品の持ち込みはなし。

{gallery}mokei/2010/2010_05_28_tpc/01{/gallery}

これが、ホビーショーに出展したtakatoraの作品。

 

イタレリのダック(105㎜砲搭載型)とタミヤのGMC2.5tトラック。

そして、タミヤ(イタレリ)とブロンコのスタッグハウンド競作。 

{gallery}mokei/2010/2010_05_28_tpc/02{/gallery}

遅れて来た面子は、O友さん、K形さん、S水さん。

 

O友さんは、以前、レジンのスタッグハウンドを作・スことがあり、イタレリ、ブロンコのインジェクションキットの燃料タンクの配管部分パーツの形状に興味但Xのようだ・ス

 

次回の例会には、そのレジンの作品を持・トくるという 

{gallery}mokei/2010/2010_05_28_tpc/03{/gallery}

TPC:平成22年5月例会 その2

こちらは、S水さん、I川さん提供の洋書、雑誌類。

 

S水さんは、今日は珍しく、作品持ち込みはなしとのこと。 

{gallery}mokei/2010/2010_05_28_tpc/04{/gallery}

とは言・トも、仙波堂で買・トきた、ICMの1/48飛行機用フィギュアを披露。

 

最近、タミヤでは、このICMの原型師を雇い入れたとかで、確かに新作の1/16フィギュアは、は・ニするような出来だ・ス気がする。 

{gallery}mokei/2010/2010_05_28_tpc/05{/gallery}

続いて登場したのがY口さん。

takatoraは先日の職ェで顔を会わせていたが、TPC例会に参隠キるのは一年ぐらい振りになる。

{gallery}mokei/2010/2010_05_28_tpc/06{/gallery} 

まずは、ドラゴンワゴンから。

このあいだは細部を撮れなか・スので、今日はアップで紹解謔、。

{gallery}mokei/2010/2010_05_28_tpc/07{/gallery}

TPC:平成22年5月例会 その3

Y口さん持ち込み第二弾は、こちら。

ベッドフォード/スキャンメルのOXCセミトレーラー。

 

例の、飛行機のエンジンを積んだ青いトラック。

踀ヘY口さんの作品だ・スのだ 

 

2枚目は、海外で踀
ロに撮・トきた踀ヤの写真。

これを元に、今回の作品を作・スとのこと

{gallery}mokei/2010/2010_05_28_tpc/08{/gallery}

最後に遅れて登場は(とい・トも、今日は結構早い時間だ・スが)、Y本さん。

 

Y口さん持ち込みの分厚い資料を、食い入るように見る 

{gallery}mokei/2010/2010_05_28_tpc/09{/gallery}

これが、その分厚い資料。

 

当時の手描きのイラスト・ポスターを集めた本のようだ。

たまたま見つけた中に、ダックが水上を走・トいるイラストもあ・ス。

残念ながら、運んでいるのは大砲ではなく、段ボール箱だ・スが

{gallery}mokei/2010/2010_05_28_tpc/10{/gallery}

次回は、6/25(金)19時から。

 

☆ ペンタックスK-7+ペンタックスDFAマクロ50mmF2.8、ペンタックスDA魚眼10-17mmF3.5-4.5

平成22年 職ェホビーショー その13

平成22年5月16日(土) 朝

 

0645 起床

昨夜は咳き込んで、あまりよく眠れなか・ス。

相変わもy喉も腫れており、調子はよくない。

 

0715 朝食 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/013/01{/gallery}

0815 ホテル発

K瀬さんとヨッヘンさんが、ここにきて初めて挨拶をしていた。

 

K瀬さんが、しきりにドイツのkdfz253装甲車などのことを聞いていたが、なかなか要領の良い答えは得られてなか・スようだ。

 

S山さんの話によれば、ドイツ生まれの彼らにと・トは、自国のドイツ車両については子供のときに知り尽くしてしまい、それ以後は他国の車両に興味が移・トいくのだという。

現在は、ロシアの車両について、いろいろ研究しているとのこと。

 

さあ、今後、タンコグラッドの貴重な写真集を基に、“ディオラマの巨匠”がどんな作品を展開してくれるか楽しみである

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/013/02{/gallery}

昨夜の宴会には参隠オなか・スが、旧ナッツのメンバーを紹解トおこう。

 

続いて、中国に拠点を移したため、顔を会わせたのは5年、6年振りだろうか。

ひやめしのK瀧さん(別名:猛獣使い)。なぜか、K子師匠がすりすりと

 

そして、浪曲師のしかめ7ハで写真に写・スのは、Kのーさん。

そろそろ、タイヤものへの復帰を期待しています。

 

最後に、ライト教授とカメラに収ま・スのはF尾さん。

エーデルワイスから夙川に拠点を移して久しいが、F尾レッドブラウンは健在だ 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/013/03{/gallery}

平成22年 職ェホビーショー その8

平成22年5月15日(土) 昼

 

そのほかの、ナッツの関係者を紹解謔、。

 

まずは、今回、久しぶりの泊まりの許可が出ながら、夜の部(串焼き屋)には参隠ナきなか・スのが残念なのが、Y田さん。 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/008/01{/gallery}

左写真は、ティリーで参隠フS波堂さん。

 

中、右写真は、フリーマーケットの方でご苦労さんだ・ス、O崎さんとK形さん。

 

また、写真を撮ゆ゚ねてしま・スが、“のぼり”の見える「M.Sモデルス」ブースでは、S山さんとS吉さん、そして、S山さんのベルトリング友達のヨッヘン・ボラートさん(ドイツ出版社のタンコグラット代表)も参隠オていた 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/008/02{/gallery}

ところで、職ェでの楽しみと言・スら、クロンボである

 

1430 昼食

文藝春秋による各模型クラブごとの集合写真の撮影(S藤さんとtakatoraはぎゅ墲閭Zーフ。K瀬さんは間に合わなか・スもよう)も終わり、Y田さん、Y本さん、Y口さんと食事に向かう。 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/008/03{/gallery}

takatoraが注文したのは海老ピラフ。

ほかの面々は焼肉ピラフ。 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/008/04{/gallery}

そして、メインディッシュ(?)を選ぶ。

 

一時期、メニューが減・トいたが、今年はまた復活したようだ。

ラスクだとかレギュラーだとかいろいろなパターンがあるようだ。

 

アイス、ソースなどの組み合わせを選べる、“オーダーメイド”なるものも始ま・スらしい 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/008/05{/gallery}

そんな中で、Y田さんが選んだのが、左の抹茶ぜんざい。

真ん中が、takatoraのイチゴババロア。

そして、Y本さんとY口さんが選んだのが、右のコーヒーゼリーだ 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/008/06{/gallery}