平成22年 職ェホビーショー その9

平成22年5月15日(土) 夕方

 

17時半から、恒例のモデラーズクラブ合同の懇親会だ

が、ここで、ちょ・ニ問争・カ

 

展示場が17時で完全閉鎖されるのは毎年のことなのだが、今年はツインメッセ地下駐車場も同時刻に閉鎖だという。

 

え・Aそれでは毎年、懇親会に参隠オてから駐車場の車に乗・ト各ホテルに戻・トい・ス(当然、ドライバーはアルコールは飲まない)人間はどうすればいいの?

 

結局、takatoraとしては、車は一晩、ツインメッセに停めらキととし、以後の移動はタクシーにすらキととしたが・・・。

 

懇親会会費・駐車料金ともに無料なのはあvbたいが、変に行動に制谀ンけられるよりも、懇親会会費・駐車料金などの必要経費は、公平に踀・・収し、駐車場の場所取りに余計な神経を使うことのないような会場運営を期待したいものである。

 

懇親会会費についても、一時は千円/人の参欝・・収していたのが、いつの間にか模型組合の負担にな・トいるようだが、多くのクラブで二次会、三次会を踀{するのが通例とな・トいるのであれば、この合同懇親会は、渇きもの+お茶に谀閧オ、ワンコイン500円の参欝・・収するなど、いろいろやりようはあると考えられる。

 

そa竄焉A各クラブブースのコマ巣I無料というのも不思議である。

模型組合のサービスと言・トしまえc」キこえは良いが、では、コマの広さの割ゆ墲ト忌Tは? 新規参入の選定忌Tは?

 

も・ニ多くのモデラー、クラブが参隠ナきるように、より広い会場を用意する、とい・ス話もあ・スが、踀 サするとしても、それはだいぶ先の話。

これから、模型女子、学校、会社などの新たなカテゴリーでの展示会参隠燉想される中、きちんとしたルールのもとでの公平な選択が必要とされる。

 

幸い、我が模型業界は、メーカーとユーザー(モデラー)の距離が極めて近く、お互いの意思の疎通を図らキとにかけては、他に類がない。

他の業界での展示会への出展ルールなどを参考に、公平かつ開かれた模型業界及d┰のユーザーたるモデラーによる展示会にならキとを望みたい

 

 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/009/01{/gallery}

 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/009/02{/gallery}

 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/009/03{/gallery}

 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/009/04{/gallery}

 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/009/05{/gallery}

 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/009/06{/gallery}

平成22年 職ェホビーショー その10

平成22年5月15日(土) 夜

 

1900 ツインメッセからホテルへ

ツインメッセ地下駐車場に車を停めたため、今年はタクシーでホテルまで移動。

21時からの、恒例の串焼き屋「かさい」でのホイール・ナッツの二次会に備えて、一時間ほどベッドで横にな・スが・・・。

 

やはり、単なる寝不足ではなく、風邪がぶり返したようだ

(たぶん、熱も出ていたようだ。)

「かさい」で栄養をつけるため、ロビーに降りてい・ス。

 

2045 ホテルを出て「かさい」へ

さあ、これから出撃! という時間にな・ト、K瀬さんが別の宴会から戻・トきたが、すでにへべれけの状態。

しばrY休んでから激Hら参隠キるということで、取l|えず残る全員で先発すらキととした。 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/010/01{/gallery}

これが、「かさい」二階の貸切りの間。 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/010/02{/gallery}

スタートはこのメンバーで。

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/010/03{/gallery}

料理は、毎年お馴染みのメニューなのだが、今年は出てくるのが随分と早い気がした 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/010/04{/gallery}

平成22年 職ェホビーショー その11

平成22年5月15日(土) 夜

 

次々と出てくる料理。 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/011/01{/gallery}

○みさんが見入・トいるのは、ライト教授の“お食事日記”。 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/011/02{/gallery}

他の宴会場からはしごで駆けつけたのは、徳島モデラーズのY本さんと、ファインモールドのS私Bキ。

 

奇跡的に酔いが少し覚めた○瀬さんも登場し、“永遠のライバル(?)”のライト教授の隣に席を占めた。 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/011/03{/gallery}

さらに食い物メニューが続く。 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/011/04{/gallery}

平成22年 職ェホビーショー その1

平成22年5月15日(土) 朝~昼

 

いよいよ今日、明日と、職ェホビーショーだ。

 

※ 今回、キヤノンEOS7D+タムロン60㎜F2.0マクロ(一部、トキナー35㎜F2.8マクロ、トキナー10-17魚眼ズーム)で撮影を行・スが、風邪を引いていたせいもあり、構えが晦ュ、手振れにな・トしま・ス写真が多いことにはご容赦のほどをm(._.)m

 

0500 起床

体調は?

 

最悪。昨夜は咳き込んで、ほとんど眠れなか・ス。

しかし、熱はないようなので、行くこととする。

0550 自濁I

 

0630 ライト教授濁I

奥さんへの挨拶a竄アそこに、ライト教授の作品を積み込む。

 

「K子師匠の作品もあるからねー」

「え・AK子さんも一緒なんですか?(聞いてない・・・) 」

「作品だけ。本人はバイクですでに行・トいる」

「??? まあ、作品(大型アクリルケース2個)だけだ・スら載らないこともないし・・・」

 

ということで、パンツァーグラフのK子編集長、ライト教授、そしてtakatoraの作品を載せたtakatora号は、takatora風邪のウィルスを充満しつつ、一路職ェへ向かうのだ・ス

 

0645 給油

出光ゼアス
@130円×20.32?/ ? ㎞/ ? ㎞=2,642円、 ? ㎞/?

 

 ?  用賀ICから東名道へ

しばrYすると渋滞がはじま・スが、そこそこ流れてはいる。

 

 ?  足柄SAで休憩

アジフライ定食  660円

 

 ?  職ェICから一般道へ
 ?  円
先着しているK子さんと連絡を取・ト、ツインメッセの駐車場入口のところまで、作品を取りにきてもらうこととした。取l|えず、そこで作品を降ろし、車を駐車場(ポリテクセンター?)へ持・トいくのだ。

 

1030 職ェツインメッセ着
メッセに到着すると、すぐにK子さんを発見。

 

駐車場整理をしているガードマンに、

「作品鐀・キるだけだから、ちょ・ニ停車させて」

と声をかけると、

「地下の駐車場に停められらカど」

という。

 

え・A地下の駐車場にまだ停められるの?

今年から、地下の駐車場もクラブ出展者用として無料開放するとは聞いていたが、この時間ではと・ュに満杯にな・トいると思い込んでいたので、これはラッキーだ

 

下・ト行・トみると、常駐のガードマンaNもy、ゲートは開いたまま。今日のところはホビーショー関係者貸切りにな・トいるようだ。

 

全国各地から、自分の作品を梱包し、運んでくりrくのモデラーにと・ト、会場近くの駐車場の確保は憂慮する問題だ・ス。

 

有料でa曹「のだから、会場近く(メッセの地下・隣の駐車場であればベスト)の駐車場を優先的に割ゆ墲トらキとをtakatoraも主張してきたものだが、や・ニそれが踀 サした形だ。

これは大きな前進だ

 

 駐車場から会場へ向かう。

 

会場に入るドアを押し開けると・・・。

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/001/01{/gallery}

おおー・A凄い人だ

今日は晴天。こんな天気のいい日は、こういう屋内イベントよmッ外イベントへ流れるというのが職ェの常識だ・スのが、その常識を覆すほどの人、人、人の波!

 

土曜日の午前中だというのに、学校はどうな・トいるのか?

去年も多か・スが、今年はそれ以上のパワーを感じる。

これはいよい・・フ入場者数10万人超えか

 

会場案内図で、わが“ホイール・ナッツ”のブースを確認して、向かう。

 

いたいた、ライト教授がちょうど箱から作品を出しているところだ。

 

まずは、M局長の奥さんに一年ぶりの挨拶。

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/001/02{/gallery}

そして、2年ぶりに参隠キるライト教授の作品がこれ、現用米軍の装甲車。

イメージはレッドクリフということで、三国志の曹操、孔明の完成品フィギュアを配したとのこと。

 

 

お得意のドングリ人間(ジャガイモ人形)に代わ・ト骸骨を乗せたが、そこはホイール・ナッツのブースということで、頭を引・桙゚、控えめに・・・

 

ところが、世の人の関心はそんなところではなく、キカイダーの電子回路のごとく、ベースの目立つところに配された“基盤”に目がい・トしまう。

 

踀ヘこれ、廃品としてのドアホンに付いてきた“台贀hを利用したものなのだ

 

が、この回路に耳を近・ッると、何やら怪しげな会話が聞こえてくる、ということで、S山さんが一生懸命、耳を寄せていた・・・

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/001/03{/gallery}

そして、これが今年のtakatoraの作品。

左が、イタレリのダックとタミヤの2.5トンGMCトラック。

右が、ブロンコのスタッグハウンドとタミヤ(イタレリ)のスタッグハウンド。

 

先日のケッテンクラートのイベントで味をしめて、ホビーショーとしては初めてフィギュアを配してみた。

 

すべての作品が、パテ埋め・やすvbけなし、タミヤアクリル・タミヤエナメル・油彩を使・スオール筆塗りだ

一目で筆塗りと分かるような、筆目・刷毛目が残るような塗り方を狙・スのだが、塗り重ねていくうちに、筆目が州ヲてしまい、何となくこじんまりとまとま・トしま・スのが反省点だ。

来年こそ、油絵の印象派のような、も・ニ大胆な筆遣いを踀 サしたいものだ

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/001/04{/gallery}

こちらは、S山さんのマチルダと二号戦車のディオラマ。

相当、塗装に帰Bトいるようで、後でアップの写真を撮ろうと思・トいたら、撮り漏らしてしま・ス。うーむ、残念!

 

でも、後でMMMの最新号を見たら、この作品が出ていた

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/001/05{/gallery} 

こちらも、なぜか一枚しか写真が残・トなか・スY口さんのドラゴンワゴンのキャビン骨格状態モデル。

 

最近、TPCに顔を出さないなあと思・トいたら、こんなものを作・トいたとは・・・。

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/001/06{/gallery}

平成22年 職ェホビーショー その12

平成22年5月15日(土) 夜

 

ひと頃に比べると、だいぶ大人の、植ゥな宴会にな・トきたナッツの宴会。

 

以前は、“声が大きい”と、店側から再三、注意されてたものだ・スが・・・ 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/012/01{/gallery}

時計の針が零時に近付く頃、お開きとな・ス。

会費 5,000円/人 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/012/02{/gallery}

Y本さん、K瀬さん、ライト教授のスリーショットも珍しい。

ネタは、Y本さんの鉄道紀行か? 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/012/03{/gallery}

このあと、名窪ョ・三河の三人組とtakatoraで、しばしファミレスでコーヒーを飲みながら模型談義に耽・スが、何とこの頃、ホテルロビーでは、ホテルに戻・ス面々と、何故かロビーにぶら・ニ現れた大塚雀潤i最近は、体力不足のため宴会は欠席)が、しばし“おcハろーい”話に花を咲かせたとか

 

うーむ、こちらの話も聞きたか・スなあ 

{gallery}mokei/2010/2010_05_15-16_shs/012/04{/gallery}

英軍 スタッグハウンド 【タミヤ1/35】 その6

車両の塗装も終わりに近付いたので、今日は、ホビーショー出展作品では“初”の、フィギュアの塗装だ(^_^)

このあいだの“ケッテンクラート”イベントでフィギュアを塗装してみて、細かいところにこだわらなければなんとかいける、と味をしめてしまい、今回、フィギュアをセットすることにしたものだ。

塗装前は、この状態。

右側の3体は“レッドポール急行”附属のもので、先日の車両塗装のときの余りの塗料で下塗り(フラットブラウン、オリーブグリーン?)してある。

2010_05_10_ty_staghound 066

いきなり油彩のブルーで。

2010_05_10_ty_staghound 067

何となく“のり”が悪い。
やはり洗剤で洗うべきだったか(^-^;

2010_05_10_ty_staghound 068

なんて思う間もなく、ブラウン、グリーンをざっざっと塗り広めていく。

このとき気が付いたが、スタッグハウンド(イタレリ)のフィギュアより、レッドポール(タミヤ)のフィギュアの方が明らかに彫りが深く、出来映えがいい。

2010_05_10_ty_staghound 069 2010_05_10_ty_staghound 070 2010_05_10_ty_staghound 071

ここからは、カーキ、バフ、フラットアース、ダークイエローなど、塗装図指定+アルファで、油彩・タミヤアクリル・タミヤエナメルを取り混ぜて・・・。

ついでに、タミヤ、ブロンコの各スタッグハウンドの室内色のホワイトをリタッチ。

2010_05_10_ty_staghound 072

何となく“さま”

にはなってきたが・・・。

どうもめりはりに欠ける。
一瞬、墨入れをしよう、と頭に浮かんだが、土曜日まで時間がない。

今日はここまで、フィギュアもほぼ完成としよう)^o^(

2010_05_10_ty_staghound 074

アメリカ 2 1/2トン 6×6 カーゴトラック “レッドボール急行” 【タミヤ1/35】 その5

車両の塗装もほぼ終わりに近付いたので、今日は装備品を一気に塗る。

塗装対象は、荷台側面にぶらさげた、テント、ザック類、そして荷台にまとめて載せる予定のドラム缶、ジェリ缶など。

まずは、フラットブラウンをざっと塗る。

2010_05_09_ty_staghound 035

2010_05_09_ty_staghound 036

次に、カーキ、バフ、フラットアースなどを、変化をつけながら重ねていく。

この時点で、ドラム缶などを荷台に接着して・・・。

だいぶ、“さま”になってきた、かな(^-^;

2010_05_11_ty_staghound 037 2010_05_11_ty_staghound 040 2010_05_11_ty_staghound 041 2010_05_11_ty_staghound 042 2010_05_11_ty_staghound 043

平成22年 職ェホビーショー出展準備 その1

車両の塗装もほぼ終わりに近付いたので、今日は装備品を一気に塗る。

 

塗装対象は、荷台側面にぶもzげた、テント、ザック類、そして荷台にまとめて載せる予定のドラム缶、ジェリ缶など。

 

まずは、フラットブラウンをざ・ニ塗る。

{gallery}mokei/2010/2010_05_09_ty_cargotruck-redball/01{/gallery}

次に、カーキ、バフ、フラットアースなどを、父ヨサをつけながら重ねていく。

 

この時点で、ドラム缶などを荷台に接着して・・・。

 

だいぶ、“さま”にな・トきた、かな

{gallery}mokei/2010/2010_05_09_ty_cargotruck-redball/02{/gallery}

イギリス陸軍 スタッグハウンドMK.1 後期型 【ブロンコ1/35】 その5

作業開始前がこれ。

2010_05_08_br_staghound 001

これに、油彩のレッド、ブルー、グリーンを薄く重ねていく。

2010_05_08_br_staghound 002 2010_05_08_br_staghound 003 2010_05_08_br_staghound 010

続いてイエロー。

2010_05_08_br_staghound 013 2010_05_08_br_staghound 015

そして、黄土色。

2010_05_08_br_staghound 017 2010_05_08_br_staghound 018 2010_05_08_br_staghound 019

むー、少し暗くなってしまったかな(^-^;

 

ということで・・・。

2010_05_08_br_staghound 020 2010_05_08_br_staghound 0212010_05_08_br_staghound 024

ブラウンにグリーンを混ぜて、黄緑色となったものを塗り、さらに、黄土色+ホワイトを重ねると・・・。

2010_05_08_br_staghound 026

アメリカ 水陸両用車DUKW (105mm榴弾砲付) 【イタレリ1/35】 その5

油彩のレッドを点々と・・・。

2010_05_08_it_dukw-105mm 002 2010_05_08_it_dukw-105mm 005 2010_05_08_it_dukw-105mm 006 2010_05_08_it_dukw-105mm 011

暗くなってしまったので、イエローで。

 2010_05_08_it_dukw-105mm 013 2010_05_08_it_dukw-105mm 016

あまり変わりないようなので・・・。

 

黄土色、さらにブラウンにグリーンを混ぜたものを塗ってみる。

2010_05_08_it_dukw-105mm 017 2010_05_08_it_dukw-105mm 020 2010_05_08_it_dukw-105mm 021 2010_05_08_it_dukw-105mm 022

おっ、だいぶいい雰囲気になってきたな>^_^<

さらに、黄土色に白を加えて明るくしたものを・・・。

 

2010_05_08_it_dukw-105mm 024

そして、基本色に戻すべく、タミヤエナメルのオリーブドラブを全体的に・・・。

2010_05_08_it_dukw-105mm 027 2010_05_08_it_dukw-105mm 029

もう少し明るさが欲しいな、というところで、上のオリーブドラブにホワイトを少し加えたものを塗って・・・。

2010_05_08_it_dukw-105mm 030

ここまでで、こんな感じ。

2010_05_08_it_dukw-105mm 032