Page 1 / 11

小説 織田三代記 羽生道英 著 (PHP文庫)

織田信長について書かれた本は数多くあれど、父親の信秀、長男の信忠について書かれたものは少ない。 が、期待してたほどではなか・ス、というのが感想だ。 まず、信秀はかなり好意的に書かれており、家中であまり評判のよくなか・ス信 … 続きを読む

士魂魔道 大龍巻

もともと「士魂魔道」という原作があ・ト、それを映像化するにあたり、竜巻を取・トつけたような感じの映画である。原作に竜巻が描かれているかはわからない。 「士魂魔道」という題名が、何かおどろおどろしさを醸しだすが、内容は至・ … 続きを読む

武士の一分

上映当時、木村拓哉主演で話題とな・ス映画である。 藤沢周平原作の映画は、どれもよくできていnラ、本作は時間が短いせいか、ストーリーは予抽利a的に進み、クライマックスも変にひねりもなく、シンプルに仕純I・トいる。 もう少し … 続きを読む

天璋院篤姫 【宮尾 登美子】 講談私Eカ庫

NHK大河ドラマ「篤姫」の原作である。 何とも重苦しい読後感だ・ス・・・ この小紳刊行されたのは昭和59年というから、15代将軍慶喜の評価がまだ低か・ス(徳川幕府をつぶした愚かな将軍との評価)時代で、篤姫d兼膜凾Bトいた … 続きを読む

城取り

石原裕次郎主演の珍しい時代劇というだけで、何気なく録奥ョていた映画である。 見始めてからすぐに毅「た。日活の映画である。日活が時代劇を作・トいたなんて、初めて知・ス。 登場人物を見ていたら、帥・ァ鉄男の名前が目に入・ス。 … 続きを読む
Page 1 / 11