メールストロームでの邂逅 【宇宙英雄ローダン・シリーズ 344】

Nr687 【メールストロームでの邂逅】 ウィリアム・フォルツ

イモムシ知性体の勢力域とな・トいh閨[ルストロームでのランデブー劇だ。

ローダン側からアラスカ、アトラン側から(前巻から引き続き登場の)技術者たち。最後にはめでたくローダンの元に集結すnラ、イモムシ世界の愚鈍と思われていた支配者が踀ヘそうではなか・ス? と思いきや、それまでの数話、話を引3」・トきた感のある踀ヘ者No.2をあ・ウり殺してしまう。

次のNr688a竄、だが、本巻は、重要な登場人物をあ・ウり殺してしまうのが撤Fだ。

それにしても、アラスカの殲滅服、防護能力が高いのはわかnラ、今一つどのような能力を持つのかよくわからない。

Nr688 【ひとりぼ・ソの戦い】 H.G.フランシス

フランシスという作者はこれまで気にも留めていなか・スが、ここ最近の話ではなかなか秀逸な作品だ。

舞台はアトランが残・ス銀河系内のとある惑星。
ラール人の傀儡政権ながら銀河系を支配する超重族レティクロンの手先として、市民を洗脳する役割を演じる本編の主人公ワッツェル。
その正体は、レティクロン政権の転覆を狙う太陽系碑o﨣ヌの工作員だ。

レティクロン側もスパイを放ち、親しい友人達も本当の敵か味方かわからない。
そんな中、アトランのUSOスペシャリスト救出コマンドが惑星潜入に成功する。

一人また一人と仲間を失いながらも仕掛けた爆弾が炸裂し、反撃が開始された・・・。

なかなかの人物描写。これは新たなる登場人物かと期待したのも束の間、ワッツェルは死んでしまう。
ローダン・シリーズでは、主要な登場人物を死なせらキとは稀だ。これだけ活躍させたら別の場面でも登場させればいいのにと思・トしまう。なんとも・スいない。アトランが「その工作員に会・トみたい」とまで言・トいるのに。
また、レティクロンの超能力封じに身に着けていた共生体をはずすよう勧めた友人の正体も、結局不明のままだ。

まあ、こうした各編の主人公をぜいたくに使い捨ててしまうところがこのシリーズの凄いところでもあるのだが。

ロス:タイム:ライフ(その2)

た、新たなパターンが登場した。
これまでロスタイムを与えられていたのは主人公一人であ・スが、今回はガス爆発の事故に巻き込まれた伊藤淳史演じる主人公(漫画家のタマゴ)ほか、その場に居合わせた店員や子供など数人。

例によ・ト、主人公がず・ニ想いを寄せていた美波(宮沢りえにしては若いなあと思・スら別の女優だ・ス。すごい美人)演じる幼なじみに会いに行こうと・・・。

今回の脚本はここからが凄い。
主人公は、まもなく幼なじみに会えるのだが、どうd月閧フ様子がおかしい。
死を宣告された自分にしか見えない審判団が見えるという。cハかしたら・・・。

そう、相手の幼なじみc、故に巻き込まれてロスタイムの真2・・ネのだ。
お互いの想いを確かめ合・ト主人公のロスタイムは終わりを告げる。そして・・・。

主人公より少し多くのロスタイムを与えられていた幼なじみは、主人公の書いた最後の作品を出版社に無事届ける・・・

今回は、前回のような延長戦はなか・スが、想いをリレーで繋いでいくという新しい展開はなかなか良か・ス。
この感じだと、最終回にも何かどんでん返しがありそうな予感が・・・

シェーン

小学校5、6年生のころだ・スか、西部劇で誰が一番の早撃ちか、という話にな・ス。
ある友達が言・ス。「君はシェーンを見てないのか?」
シェーン? 初めて聞く映画の題名だ・ス。相当の早撃ちガンマンが出てくる映画らしい。その当時テレビで放映されていた西部劇はほとんど見ていたという自負があ・スから、そんなに凄い映画を見落としていたのかと指摘されたようで、恥をかいた気分だ・ス。
この日からシェーンという言葉が頭かゃ{れなくな・ス。いつか見てやるぞ!

それから数年経・ト、管理人は中学生にな・トいた。新聞のテレビ番組にシェーンの文字を見つけた。
や・ニあの幻の名沿ォ見られる! 小躍りして喜んだのを覚えている。その夜は文字どおりテレビにかじりつきながもヘた。

冒頭からあの名曲が流れる(あのメロディーだけは聞いたことがあ・ス)。
「シェーン」が主人公の名前だということがや・ニわか・ス。
画面も、ワイオミングの見事な風景が惜しげもなく披露される。うーむ、これは期待できるかcハれない。背筋がぞくぞく・ニ来た。

ドゴーン、ドゴーン、ドゴーン、ン、ン・・・。中盤で子役相手に抜き撃ちを披露するアラン・ラッドの名シーンだ。
後のマニアによる詳細な検証の結果、このシーンは踀
ロにはファニングせずに、予め指をトリガーにくくり付けてあ・スらしいが。アラン・ラッドは相当な早撃ちの鏑Pを受けたものの、撮影には間に合わなくてそのような撮り方にな・スそうだ。
その他、はるか遠方の山の麓を走るうさぎと思われていたのが踀ヘ車だ・スりとか、思わず苦笑を誘うエピソードがあnラ、映鉛瘧yとしては最高のテーマ曲、そしてラストの「シェーン、ェーン、ェーン・・・。カムバァック、バァック、バァック・・・」と遙かなる山々にこだまする子役のセリフは何ら色あせらキとはない。

管理人の最も好きな映画である

タイムスリップ明治維新(鯨統一郎)~講談私Eカ庫

統一郎の「タイムスリップ森鴎外」の続編とも言うべき一編である。前作で現代にタイムスリップしてきた森鴎外を助けた現代の女子高生うららが、今度は幕末に飛ばされてしまうというもの。

読み終わ・ス感想は、鯨統一郎の作品にしてはクオリティが低いなあという印象。
いつもの鯨作品に見られるキレが感じられない。
なぜだろうと思い返してみると、全体の構成の詰めが晦「のではないか、という感じがした。

未来からのタイムパトロールが、序盤にあ・ウり正体を明かしてしまう。現代での友達に名前・顔が似ている人物が過去にも出てきて、先祖~子孫の伏線を思わせるのだが、ラストで現代に戻・トきたときにその伏線が中途半端で「あれれ?」とな・トしまう。

鯨統一郎の踀ヘはこんなものじゃあない。あまりお薦めできない作品である

「てれんこ走り」健康法  比佐 仁 【講談私F{α新書】

“がんばらない、無理しないから体脂肪が燃える”

“ゆ・ュり走・ト相Nをかく「余分な脂肪」燃焼法”

“がんばらない、カッコをつけない ”

“息苦しくな・ト、走るのが嫌だと感じたら? スピードを落としましょう”

“「汗」を頼りにてれんこする”

“疲れないように走る”

  ・

  ・

  ・

 

「目からうろこが落ちる」とはこういうことか

確かに、楽をして体重を減らすというのは虫がよすぎる。

しかし、同じ汗をかくのでも、「苦行」と感じるか「心地よい」と感じるかでは、阀、ことなく後者をえらぶのではないだろうか

 

ただ、筆者は、この「てれんこ走り」を、一回30分で週に3回を、と勧めている。

 

takatoraの腹回vb依然として締まらないのも、週に3回が踀 サできてないからで、走りそのものは性格的に合・トいる気がする

ご一読あれ