【ペリー・ローダン】撤サパネル当選!!

まさかとは思・トいたが、早川書房の新年謝恩企画「宇宙英雄ローダン 撤サパネルプレゼント」に当選してしま・ス

この手の抽選ものにはとんと祉A管理人のこと、まず当たるまいと思・ト応附ツたことも忘れかけていた今日、パネルが届いた。
原画を複製したとのことだが、非常にきれいにできている。これを見ると、原画はアクリル絵具か? 早速、額を買・トこよう

左側が第50巻「超種族アコン」、右側が第100巻「アンドロメダへの道」(いずれも日本語翻訳版)の表紙絵、そして右下には、今冬刊行巻のプレゼント案内の裏槍・図柄にも採用されている、第50巻「超種族アコン」の口絵(だ・スと思う)~ラス=トオルのアウリス。
さらに依光隆画伯の直筆サイン入り。おまけに管理人のフルネームまで書いてもら・トいる
踀ヘ、秘かに第10巻「宇宙の不死者」のトーラが当たればいいな! なんて思・トいたのだが、アウリスも好きですよ

早川書房さん、どうもあvbとうございました

メールストロームでの邂逅 【宇宙英雄ローダン・シリーズ 344】

Nr687 【メールストロームでの邂逅】 ウィリアム・フォルツ

イモムシ知性体の勢力域とな・トいh閨[ルストロームでのランデブー劇だ。

ローダン側からアラスカ、アトラン側から(前巻から引き続き登場の)技術者たち。最後にはめでたくローダンの元に集結すnラ、イモムシ世界の愚鈍と思われていた支配者が踀ヘそうではなか・ス? と思いきや、それまでの数話、話を引3」・トきた感のある踀ヘ者No.2をあ・ウり殺してしまう。

次のNr688a竄、だが、本巻は、重要な登場人物をあ・ウり殺してしまうのが撤Fだ。

それにしても、アラスカの殲滅服、防護能力が高いのはわかnラ、今一つどのような能力を持つのかよくわからない。

Nr688 【ひとりぼ・ソの戦い】 H.G.フランシス

フランシスという作者はこれまで気にも留めていなか・スが、ここ最近の話ではなかなか秀逸な作品だ。

舞台はアトランが残・ス銀河系内のとある惑星。
ラール人の傀儡政権ながら銀河系を支配する超重族レティクロンの手先として、市民を洗脳する役割を演じる本編の主人公ワッツェル。
その正体は、レティクロン政権の転覆を狙う太陽系碑o﨣ヌの工作員だ。

レティクロン側もスパイを放ち、親しい友人達も本当の敵か味方かわからない。
そんな中、アトランのUSOスペシャリスト救出コマンドが惑星潜入に成功する。

一人また一人と仲間を失いながらも仕掛けた爆弾が炸裂し、反撃が開始された・・・。

なかなかの人物描写。これは新たなる登場人物かと期待したのも束の間、ワッツェルは死んでしまう。
ローダン・シリーズでは、主要な登場人物を死なせらキとは稀だ。これだけ活躍させたら別の場面でも登場させればいいのにと思・トしまう。なんとも・スいない。アトランが「その工作員に会・トみたい」とまで言・トいるのに。
また、レティクロンの超能力封じに身に着けていた共生体をはずすよう勧めた友人の正体も、結局不明のままだ。

まあ、こうした各編の主人公をぜいたくに使い捨ててしまうところがこのシリーズの凄いところでもあるのだが。

ロス:タイム:ライフ(その2)

た、新たなパターンが登場した。
これまでロスタイムを与えられていたのは主人公一人であ・スが、今回はガス爆発の事故に巻き込まれた伊藤淳史演じる主人公(漫画家のタマゴ)ほか、その場に居合わせた店員や子供など数人。

例によ・ト、主人公がず・ニ想いを寄せていた美波(宮沢りえにしては若いなあと思・スら別の女優だ・ス。すごい美人)演じる幼なじみに会いに行こうと・・・。

今回の脚本はここからが凄い。
主人公は、まもなく幼なじみに会えるのだが、どうd月閧フ様子がおかしい。
死を宣告された自分にしか見えない審判団が見えるという。cハかしたら・・・。

そう、相手の幼なじみc、故に巻き込まれてロスタイムの真2・・ネのだ。
お互いの想いを確かめ合・ト主人公のロスタイムは終わりを告げる。そして・・・。

主人公より少し多くのロスタイムを与えられていた幼なじみは、主人公の書いた最後の作品を出版社に無事届ける・・・

今回は、前回のような延長戦はなか・スが、想いをリレーで繋いでいくという新しい展開はなかなか良か・ス。
この感じだと、最終回にも何かどんでん返しがありそうな予感が・・・

当サイトシステムのバージョンアップ

当サイトのシステムをバージョンアップした。
前回の失敗に懲りたので、今回は新しいサイトを別のデータベースで作り、そ・ュり入れ替えるという方法を取・ス
各種機能コンポーネント・モジュールは、一旦削除して再インストールしないと動かないものもあ・スが、記事・コメントが丸々残・スのがとにかくあvbたい。
 

これからまた作り込んでいきたいものだ

トヨダG1型トラック 【ファインモールド1/35】~その3

いよいよ組立て開始である。
初日は1時間ほどでここまで。さくさく組めた。

2008_02_24_toyoda-g1 002

ここからは2日目。
9割方は組み終わった状態。
あとはライトとかバックミラーとか細かい部品のみなので、もう一日ほどで組み上がりそう。

2008_02_24_toyoda-g1 003

エンジン部分。
ラジエターの表・裏にはエッチングのメッシュが張ってあるのだが、緑色のカバーの裏側に完全に隠れてしまっている(^_^;)

2008_02_24_toyoda-g1 004

シャシーを裏返した図。

2008_02_24_toyoda-g1 005

ドアの裏・表。色違いになっていて、窓ガラスのクリアパーツを挟み込む。

2008_02_24_toyoda-g1 007

フロントはこのような形になっている。今日はここまで。

2008_02_24_toyoda-g1 008

ロス:タイム:ライフ(その1)

曜日のフジテレビ深夜枠のテレビドラマである。
死ぬことが決ま・ス主人公が、死ぬまでの数時間をロスタイムとしていかに有効に使うかをテーマとしたファンタジーだ。

しばrY前にCS放送でや・トいた「アナザー・ライフ」をモチーフにしたものかなあと思・ト見ていnラ、「アナザー~」の方が、3日間の人生をやq唐オて、結果として命を永らえ、別の人生を続けるというハッピー・エンドに終わるのに対して、「ロス:タイム~」の方は、ロスタイムの数時間に、それまでの人生でやり残したことはやゆトげるものの、結果的には予定どおり死んでしまうという違いがある。

「ロス:タイム~」の方は、サッカーの審判団のようなグループ(幽霊のような存在で、主人公以外には見えない設定)が出てきて、警告を発したりして、全体的にコメディー色が強い。主人公も死ぬことは受け入れていて、エンディングもあ・ウりしている。重いテーマをから・ニさわやかに演出しようとの意図がうかがえる。
主人公の死の現場では時間が止ま・トいるのに、それ以外の場所では時間が流れていたりと、設定の詰めが晦「部分もあnラ、毎回の出演者も異なり、結構渋いゲストが出たりとなかなか楽しめる作品である。

映画化の話もあるようだが、テレビの時間枠では描ききれなか・ス上記の矛盾点などの説明を丁寧に行うような演出をすれば、なかなかの作品になるような気がする。

【追記】
上野樹里の看護婦編では、ロスタイムが終わ・ス後でも、「延長線」という形で生き続ける新たなパターンが登場した。やはり死なせるのは可哀相との意見でも出たのだろうか。

また、この護婦編では、それまでちょい役ながらも毎回出演の温水洋一が、準主役として活躍していた。

大河ドラマ「篤姫」(その1)

NHKの大河ドラマ「篤姫」。幕末ものは、だいたい初回のみ見て、あとは見なくならキとが多いが、数年前の「新撰組」と同様に、今年はしばrY見続けらキとになりそうだ。

何とい・トも主演の宮﨑あおいがいい。今回初めて知・ス女優だが、笑顔がとてもキュートだ。
幼年期を演じた子役も可愛か・スが、あの年齢であのような大人d┸物言いはさすがに無理があるだろう。
脇を固める高橋英樹は貫祿がありすぎ。
父親役の長塚京三は期待以上のでき。こういう役をやs_たらこの人の右に出るものはない。

ちょ・ニ不可解だ・スのが、侍女役の佐々木すみ江の自害シーン。史踀ヘどうなのか不明だが、あの自害の理屈は首をかしげてしまう。

このあと、管理人の大好きな松坂慶子も出てくるので楽しみだ。

そして、何とい・トも注目は、小松帯刀役の瑛太だ。この俳優も今回初めて知・スが、非常に良い表情をする。今後の躍進が楽しみである。