武士の一分

上映当時、木村拓哉主演で話題とな・ス映画である。
藤沢周平原作の映画は、どれもよくできていnラ、本作は時間が短いせいか、ストーリーは予抽利a的に進み、クライマックスも変にひねりもなく、シンプルに仕純I・トいる。
もう少しチャンバラシーンがあ・トもtY・スのでは? と思わせるほど刀の出番が少ない。
木村拓哉の剣さばきが垣間見られるのは、緒形拳との木刀での打ち込みのシーン。ほかにももう一か所、自宅庭での練習シーンが出てくnラ、正確に木刀を振り下ろすのを見ると、かなりの鏑Pを受けたように見える。

「下級武士にも一分の魂がある」という割には、敵役の坂東三棚ワ郎の意地悪さがあまり伝わ・ト来なか・スような・・・。

ラストで下女として家に戻・トいた檀れいが、何とも可愛い奥様ぶりを見せている。
決して大型時代劇とは言えないが、小気味いい作品に仕純I・トいる。

武士の一分” への4件のコメント

  1. 武士のB) 木村拓哉は まあまあ好きな程度で ケーブルTVの [size=large][color=green][b]放送[/b][/color][/size]で 見た。 [size=small][color=olive][b]我が奥さんは友人と 劇場で鑑賞してきていて いい [i][b][size=large]いいを連発していたので [/b][/color][/size]ちょっと[/size][/b][/i] そんなかんじで やや 構えて観たけど [b][color=aqua]とっても よかった。[/color][/b] もう一度は まあ いいや :whistle: :whistle:
  2. re: 武士のそうですね。ストーリーが単純なので、一度見れば十分ですね。 他の藤沢周平作品に比べると、風景の描写が平板な感じもしますし :whistle: でも、あの打ち込みを見ると、いつか猛烈なチャンバラをやらせてみたい気がします :silly:
  3. 武士のB) 木村拓哉は まあまあ好きな程度で ケーブルTVの [size=large][color=green][b]放送[/b][/color][/size]で 見た。 [size=small][color=olive][b]我が奥さんは友人と 劇場で鑑賞してきていて いい [i][b][size=large]いいを連発していたので [/b][/color][/size]ちょっと[/size][/b][/i] そんなかんじで やや 構えて観たけど [b][color=aqua]とっても よかった。[/color][/b] もう一度は まあ いいや :whistle: :whistle:
  4. re: 武士のそうですね。ストーリーが単純なので、一度見れば十分ですね。 他の藤沢周平作品に比べると、風景の描写が平板な感じもしますし :whistle: でも、あの打ち込みを見ると、いつか猛烈なチャンバラをやらせてみたい気がします :silly:

コメントを残す